WiMAXというと…。

2018年7月7日 | からnako | ファイル: モバイルwifi.

WiMAXはあらゆるコストを合算しても、他のルーターと比べてお得な料金でモバイル通信が可能となっています。電波が届くエリア内の場合、1台のWiMAXモバイルルーターで何台ものWiFi通信機器をネットに接続することが可能です。
WiMAX2+のギガ放題プランの場合、ひと月7GBというデータ使用量の縛りはなくなりますが、3日間で3GBを超越してしまいますと、速度制限に見舞われる可能性があります。
ワイモバイルのポケットWiFiを知人より一押しされて、初めて使用してみたけれど、これまで所有していた大体一緒のサービスを展開している同業他社のものと比べても、通信品質などの点は負けず劣らずだと思いました。
自宅においては、ネットに接続する際はWiMAXを利用するようにしております。最も気にしていた回線速度についても、まるでストレスに苛まれることのない速度です。
WiMAXが使えるのかどうかは、UQコミュニケーションズが一般人向けに掲載している「サービスエリアマップ」を見れば判断できると思います。特定の区域については、「ピンポイントエリア判定」を実施すれば判断可能だと思います。

自宅は言うまでもなく、室外でもネットに繋げられるWiMAXではありますが、基本的に自宅以外では利用しないということなら、WiMAXモバイルルーターなんかよりも家庭専用ルーターの方を選ぶべきです。
現状LTEが使用可能なエリアは狭いですが、エリア外においてLTEが使えない時は、自然に3G通信に切り替わりますので、「電波が届いていない!」などということはないと言っても過言ではありません。
プロバイダーである「GMOとくとくBB」は、ダントツのキャッシュバックキャンペーンをしていますが、お金をしっかりと手にする為にも、「振込案内メール」が受信できるように設定しておくことが必須です。
同一のモバイルルーターだとしても、プロバイダーにより月額料金は違うのが通例です。当HPでは、高評価の機種を“料金”順でランキングにしていますので、比較してご覧いただければ幸いです。
WiMAXというと、名の通ったプロバイダーが実施中のキャッシュバックキャンペーンが人気ですが、こちらのページでは、本当にWiMAXは通信量が無制限で、お得になっているのかについて掲載させていただいております。

WiMAXギガ放題プランというのは、多くの場合2年間という単位の更新契約を基本として、月額料金の値下げやキャッシュバックがあるのです。そうした背景を分かった上で契約した方が賢明です。
毎月のデータ使用量が規定上無制限である「ギガ放題」に加えて、WiMAX2+には「通常プラン」というのも存在しています。こちらの「通常プラン」の場合は、「データ使用量は7GBに限定」とされています。
Y!モバイルまたはNTTドコモにて設けられている「3日間で1GBまで」という制限ですが、1GBといいますとPCで動画を視聴すると、大体2時間で達してしまい、問答無用で速度制限が実施されてしまいます。
WiMAXの後継版という形で発売されたWiMAX2+は、これまでの3倍という速度でモバイル通信ができるとのことです。更には通信モードを変更することにより、WiMAXとWiMAX2+以外に、au 4G LTEも使えます。
ワイモバイルないしはドコモだとしたら、3日間で1GBという通信量を超過しますと、決められた期間速度制限が行われることになるのですが、WiMAX(ノーリミットモード)だと、そうした制限は存在しません。


コメントは締め切りました。